伊藤 京子
ピアノ/ 公益財団法人 アルゲリッチ芸術振興財団 副理事長
別府アルゲリッチ音楽祭 総合プロデューサー
しいきアルゲリッチハウス プロデューサー
→ 音楽祭総合プロデューサー 伊藤京子の活動
→ エッセイ「未来へのかけ橋」(伊藤京子著)

福岡県北九州市出身。東京芸術大学附属高等学校から東京芸術大学、フランクフルト音楽大学卒業。第43回日本音楽コンクール第3位入賞。10年間の渡欧中、1977年ブゾーニ国際コンクール第3位入賞、ドイツ、オランダ各地で、また日本国内では1978年九響と2曲のコンチェルトを弾いて本格的な演奏活動を開始。ショパン協会例会、毎日ゾリステン他ギフテッド・アーティストシリーズ(音楽之友社、新日鐵主催)では、第1回出演者に選ばれ、新進演奏家として大きな期待を寄せられた。その後もNHK交響楽団(サヴァリッシュ指揮)、新日本フィル、日本フィル、東京都交響楽団、東京交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団等との共演をはじめ、1992年ジュゼッペ・シノーポリ氏によるオーディションに合格し、ソリストとしてシノーポリ指揮・フィルハーモニア管弦楽団とも共演し、活躍の場を広げた。海外での演奏も活発で、1993年国際交流基金より東欧(ポーランド、ルーマニア、ブルガリア)へ派遣され、リサイタルやジョルジュ・ディマ国立オーケストラと共演。1998年再び国際交流基金の派遣によりウィーン、内紛後初めてのサラエボ・冬のフェスティバル、マケドニア、スロヴァキアでのリサイタルを行った。シカゴ、サンフランシスコ、ウィーン東欧諸国等、国内外でのリサイタル、室内楽も常に高い評価を受け、演奏家としてのキャリアを積んだ。また従来の形式にこだわることなく1987年より12年間NHK大分放送局サロンコンサートにおいて、現在多くのコンサートでも用いられるようになったトーク形式のコンサートをいち早く取り入れ、ショパン・シリーズ、モーツァルト・シリーズ、子どものためのシリーズではブルグミュラー、ソナチネ等も加えて常に新しい分野を開拓してきた。1994年アルゲリッチ・チェンバーミュージック・フェスティバルを長年親交のあるアルゲリッチと企画し、東京をはじめ各地で成功を収めた。このことを契機に別府市からの委嘱を受けて企画プロデューサーとして、アルゲリッチと共に新しい音楽文化の創造を具現化した。クラシック音楽を通じた子どもたちの育成をめざして2000年9月「おたまじゃくし基金」を設立、現在の「ピノキオコンサート」へとつながった。新聞・雑誌でのエッセー執筆、講演などでも活躍しており、特に「心の教育」を目指す「ピノキオコンサート」は活動の中心となっている。1999年〜2009年福岡県春日市ふれあい文化センター芸術文化事業コーディネーター、2001年〜金刀比羅宮音楽顧問、全日本学生音楽コンクール審査員、川口市ピアノ・フェスティバルでは審査委員長を務めた。1995年に北九州市民文化賞、国際ソロプチミスト「女性栄誉賞」、2002年新日鐵音楽賞「特別賞」及び大分合同新聞文化賞を受賞。2009年北九州市文化大使に就任、2010年別府市より特別功労表彰を受賞、2011年大分県より大分県功労者表彰を受賞。2016年「第3回JASRAC音楽文化賞」受賞。

→ 音楽祭総合プロデューサー 伊藤京子の活動

特別協賛
大分銀行
協  賛
日本生命
河野脳外科病院
キャノン
JR九州
金刀比羅宮
iichiko