2021年5月6日

 第22回別府アルゲリッチ音楽祭については、アルゲリッチ総監督の入国をはじめとして、感染対策を徹底するなどの対策を取りながら開催できるように準備を進めてまいりましたが、大分県内における新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受けて、2021年5月8日から6月22日に開催を予定しておりました第22回音楽祭の全公演について、中止させていただくことになりました。5月14日の東京公演につきましても、緊急事態宣言が延長されるとの報道を受け、お客様、アーティスト、関係者の安全安心を総合的に判断して中止とさせていただきます。
昨年に続き、今年も開催が叶わず、音楽祭を心待ちにされていた皆さまには、大変なご迷惑おかけいたしますことを心からお詫び申しあげますと共に、事情をご賢察いただき、ご了承賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
 また、ご支援いただいておりますご寄附、ご協賛の皆さま、そして、開催に向けて準備等ご協力を賜りました関係者の皆さまにも厚く御礼申し上げますとともに、謹んでお詫び申しあげます。

 音楽祭の中止に伴いまして、今年の音楽祭チケットをご購入いただきました皆様には、払戻しをさせていただきます。
→ 第22回別府アルゲリッチ音楽祭 チケット払戻について



マルタ・アルゲリッチ コメント

今回の開催中止は大変残念です。
来日するつもりで様々な準備を整えていました。
それは私だけでなく、またこの事に従事してくれたスタッフ達も、友人達も同様です。
大変ショックで残念でありますが、世界中が不透明な状況にありますので致し方ないことです。
ミッシャ・マイスキーさんには大変申し訳ないことです。
彼も来日するために準備をしていたところ、出発前日の報に大変驚き、彼もまたショックであったと思います。
音楽家は演奏できることが何よりの喜びであり、今回出演予定でした多くの若い音楽家も、また全ての音楽家も同様だと思います。
これだけの決断ですから広瀬勝貞大分県知事には重要な懸念があるのだと思いました。

これで世界が終わるわけではありません。
コロナ禍が落ち着けば再び会えます。
そのときを楽しみにしています。

公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団総裁
別府アルゲリッチ音楽祭総監督 
マルタ・アルゲリッチ



音楽祭中止のお詫び

この度の突然の音楽祭の中止については、運営者である私たちも驚き、特にアルゲリッチ総裁とマイスキー氏来日へ向けて日々省庁との交渉に明け暮れ、
いつ変更になるのかもわからない航空便の調整、移動のチャーター機探し、感染防止の対策等多くの方々の支援のもと、やっと来日に目処が立ちどれ程安堵したことでしょう。

明日いよいよマイスキー氏が日本へ向けて出発のタイミングでの中止は、立ち直れない程の衝撃でした。
日々各々の担当者の必死の姿を見てきた私にとり、慰めの言葉が見つかりませんでした。

きっとこのコロナ禍の中で、どれ程の多くの人々がこのような不条理な境遇に耐えているのだろうか、と思いました。
言うのは簡単ですが、それを為していくことへの大変さに思いを持つことを忘れてはなりません。

マイスキー氏もアルゲリッチ総裁もこの日のためにあらゆる準備を重ねて、一緒にこの困難を乗り越える努力をしていただきました。
申し訳なさと共に感謝しかありません。

また若い音楽家の成長を見守り、夢を叶えて貰いたいと思っているにも関わらず、すっかり夢を奪ってしまいました。
慚愧に耐えません。
この日を目指して練習を重ねて、この舞台を目指し下さった気持ちを思うと、申し訳なさで胸が一杯になりました。

日本を代表する私たちの大切な音楽家の皆さまにも、このコロナで疲弊する世の中へ希望をもたら音楽を届けて頂けただろうに、と残念でなりません
皆さまに音楽を届けたい、という一心で若い音楽家から巨匠まで、そのひとつの思いでここまで参りました。

そして、演奏家にとり大切なパートナーでもある聴衆の皆さま、楽しみにしてくださっていた音楽祭を実現できずに申し訳ございませんでした。

心からみなさまお詫びを申し上げます。

公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団副理事長
別府アルゲリッチ音楽祭総合プロデューサー
伊藤 京子



第22回別府アルゲリッチ音楽祭の公演中止について

多くの県民の皆様、そして全国のクラシック音楽ファンの皆様が、マルタ・アルゲリッチ総監督、ミッシャ・マイスキーさんの来日を心待ちにされていました。また、これからの我が国の音楽シーンを担う若きアーティストの方々の公演も大変充実しており、その演奏も楽しみにされていました。
私どもは、全国からお越しになるクラシック音楽ファンの皆様が、安心して楽しんでいただけますよう、多くのボランティアの方々にも支えられながら、スタッフ一同、万全の体制で準備を進めてまいりました。
しかしながら、日本国内では、全国各地で緊急事態宣言が出され、新型コロナウイルスの感染状況は深刻な状況となっています。
大分県内でも、これまでにないスピードで新規感染者数が拡大しており、特に公演会場となる大分市と別府市は、大変高い水準で感染者数が増加していることから、一段と感染対策を強化しなければならない情勢となりました。
私としては、何とか音楽祭を開催できないかと最後の最後まで状況を注視してきましたが、これまで我々が経験をしたことのないような状況になり、苦渋の判断として開催を断念しました。
この困難な状況の中、来日準備してくださっていたアルゲリッチ総裁、ミッシャ・マイスキーさん、良い音楽をお届けするために練習を重ねてくださった全ての出演者の皆様、開催を待ち望んでおられた多くのお客様、関係団体の皆様に、多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心からお詫び申し上げます。
決断の時期が遅いとのお叱りのお言葉を頂戴しております。
コロナ禍を克服し、再び、アルゲリッチ総監督、マイスキーさんや多くの音楽家をお迎えし、多くのファンの皆様が心から音楽を楽しんでいただける日がきますことを、心から願っています。
時節柄くれぐれもご自愛されますよう祈念申し上げます。
公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団
理事長 尾野 賢治



HOME